ヒアルロン酸注入で綺麗な美肌づくり【パーフェクト美人革命】

微笑む女性

美尻になる治療

女性の医師

美尻人気

従来、ボディメイキング目的の美容治療というと、豊胸手術と痩身治療が中心になってきました。貧弱な胸を豊満にしたいとか、たるんだぜい肉を何とかしたいと考える女性がたくさんいたためです。でも、近年になり、それ以外のボディメイキング治療も盛んに行われるようになってきました。その代表格ともいえるのが、美尻になるための豊尻手術です。これまでの美容治療の常識から考えると、お金をかけてわざわざお尻を大きくする手術を受けるなど、想像することもできないことでした。しかし、ただ単純に脂肪を落とすのではなく、脂肪が不足している部分に適度な膨らみを補ってやるようにすることで、メリハリのある美しいボディラインを作ることができます。そのようにした方が、本当の意味で魅力的な美しい体になれることが理解されるようになったため、豊尻手術を受ける人が少しずつ増えてきています。日本人は、欧米人とは筋肉のつき方自体が全く異なっています。ヒップの上部の筋肉がほとんど発達しないという特徴があるため、横から見ると凹凸の少ない扁平な体つきになっています。また、ヒップの膨らみをしっかりと上に引き上げてくれる筋肉が不足しているため、ヒップが垂れ下がって足が短く見えてしまいがちです。でも、ペタンコになっているお尻の上部に膨らみを補ってやるようにすれば、メリハリの効いた女性らしいボディラインになることができます。また、足も長く見えるようになるため、今後は豊尻手術を受ける人が増えるだろうと予想されています。

手術方法

美尻になるための豊尻手術の方法は、大きく3種類に分けることができます。それは、プロテーゼバッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3種類です。このうちで豊尻効果の持続性が最も高いのは、プロテーゼバッグをお尻に挿入する方法です。豊尻手術に用いられるプロテーゼバッグは、豊胸手術に用いられるものよりもずっと強度が高くなっていますので、体内で破損してしまう心配はほとんどありません。1度プロテーゼバッグを挿入してしまえば半永久的なヒップアップ効果を得ることができるため、実際に多くの人に利用されています。一方、手術料金が最も安く済むのは、ヒアルロン酸注入法による手術です。脂肪注入法による手術の場合は、脂肪注入を行う前提として、まず患者の体から脂肪を吸引する手術を行う必要があります。簡単にいうと2つの手術が必要になりますので、その分だけ費用がかさむことになります。また、プロテーゼバッグ挿入法の場合も、体をメスで切り開いてプロテーゼバッグを挿入することになりますので、それなりに高額の費用がかかります。でも、ヒアルロン酸注入法の場合は、メーカーから購入したヒアルロン酸をお尻に注射するだけの手術ですので、それほど高額の費用がかかりません。ですので、豊尻手術に興味はあるものの、高額の治療費を払うことはできないという人は、まずヒアルロン酸注入法による手術を受けてみるようにするとよいです。ちなみに、注入されたヒアルロン酸は2〜3年で体内に吸収されてしまいますので、体内に異物が残ってしまう心配はありません。また、多少思い描いていた状態と異なる状態に仕上がってしまった場合でも、時間が経てば元の状態に戻るという安心感があります。