ヒアルロン酸注入で綺麗な美肌づくり【パーフェクト美人革命】

微笑む女性

豊胸手術のあれこれ

注射

切らない手術

豊胸手術と聞くと、胸の両脇をメスで切開して、そこからプロテーゼバッグを挿入する手術を思い浮かべる人が多いですが、それしか手術方法がないわけではありません。そもそも、両脇ではなく乳輪に沿ってメスを入れる方法もありますし、プロテーゼバッグを大胸筋の上に入れるのか下に入れるのかといった違いもあります。しかし、そのような小手先の違いではなく、もっと根本的に方法が異なっている豊胸手術もあります。それは、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術です。失ってしまった肌のハリを補うために顔にヒアルロン酸を注入する人がよくいますが、顔ではなく胸にヒアルロン酸を注入すると、思い通りの大きさにバストアップすることができます。プロテーゼバッグを挿入する豊胸手術の場合は必ずメスで体を切りますので、患者の体が結構大きなダメージを受けます。肌の表面にできる傷跡はそれほど大きくありませんが、体の内部に生じたダメージが完全に回復するためにはそれなりに長い時間がかかります。また、異物であるプロテーゼバッグを体内に入れることになりますので、そのまま放置しておくと皮膜拘縮が発生します。それを避けるために術後しばらくの間はバストマッサージを続ける必要がありますから、なかなか大変です。でも、ヒアルロン酸注入法の場合は、体がほとんどダメージを受けません。また、皮膜拘縮が起こる心配がありませんので、マッサージをする必要ももちろんありません。豊胸効果に永続性はないものの、気軽に受けられる豊胸手術であるため、ヒアルロン酸注入法が高い人気を集めています。

豊胸効果内容

先程少し触れましたが、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の効果に永続性はありません。使用するヒアルロン酸の種類や患者の体質などによって豊胸効果の持続期間が変わってきますが、だいたい1〜3年程度で豊胸効果が消失します。なぜ豊胸効果が消えてしまうのかというと、注入されたヒアルロン酸がだいたいその位の時間をかけて体内に吸収されてしまうためです。一生モノの豊かなバストを手に入れたいと考えている人にとっては大きなデメリットとなる特徴ですが、1〜3年程度で体内に全て吸収されてしまう方がかえって都合がよいと考える人も存在しています。なぜかというと、体内に異物が残ってしまう心配がないためです。現在使用されているプロテーゼバッグはかなり品質がよくなっていますので、万が一体内で破損してしまうようなことがあったとしても、人体に悪い影響は出ないと考えられています。しかし、30年後40年後にどのような状態になっているかについてまでは、正確に予測することができません。おばあさんになってから、胸に挿入したプロテーゼバッグが原因で何らかのトラブルに見舞われてしまうようなことがあっては大変です。また、高齢になって全身が衰えているのにも関わらず、胸だけがずっと豊かなハリを保ち続けているのはかえって不自然です。そのような理由で、プロテーゼバッグ挿入法ではなく、ヒアルロン酸注入法による豊胸手術を選ぶ人が多くなっています。ただし、1カップ以上のバストアップをヒアルロン酸注入法で実現することはできませんので、胸をドーンと大きくしたい人はプロテーゼバッグ挿入法を選ぶ必要があります。